ゲーム ゲームレビュー ドキドキ文芸部

【プラチナトロフィー獲得者による】ドキドキ文芸部プラス レビュー

2021年10月17日

どーも、武蔵(@musashi_gaming)です!!今回は「ドキドキ文芸部プラス!」をトロコンしたので、早速レビューしていきます!!

Amazonで見る

楽天ブックス
¥3,360 (2021/11/18 20:56時点 | 楽天市場調べ)

Amazonで見る

どんなゲーム?

どんなゲームかについては以前僕が無印のほうをレビューしているのでそちらをご覧ください!!

さらに詳しく

ドキドキ文芸部!(Steam版) レビュー

どーも、武蔵です!!今回はドキドキ文芸部をプレイしたので早速レビューしていきたいと思います。 どんなゲーム? ドキドキ文芸部!(Doki Doki Literature Club!)はTeam Sal ...

プラスになって変わったこと

サイドストーリーの追加

プラスから新たに書き下ろされた全6話からなる長編サイドストーリーが追加されました。

もちろん、追加CGも収録されています。

内容としては本編とは関係はなく、主人公を除いたモニカ、サヨリ、ユリ、ナツキの4人の文芸部での交流が繰り広げられます。

それぞれの話ではモニカとサヨリなどといった2人のみに焦点が当てられるので、本編ではあまりなかった組み合わせの2人の会話を見ることができます。

武蔵

正直、本編より文章量が多くて長い気がしたよ

メールなどの新要素追加

今回から新たにメールといった機能やミュージックプレイヤー機能が追加されました

メールはキャラクターとのメールかと思ったら違いました。

誰とのメールかはだいぶ内容のネタバレになるのでここで言うのはやめておきます

日本語完全対応

ついに日本語にローカライズされました!!

無印の方は本来は英語でしかプレイできず、有志の方たちによるMODを導入しなければ日本語でプレイできませんでした。

また、MODの方はたまに日本語として不自然な部分がありましたが、今作ではそれが改善されています。

ところどころ表現や演出の仕方も変わっているので無印プレイ済みの方も新鮮さを味わえると思います。

ただ、やはりプレイしていて日本語化に失敗している所は数箇所見られました。

例えばこの部分。

「!MISSING」とか、もはや日本語でも英語でもないですねww

武蔵

まあ、特にプレイに影響は出るほどではないから大丈夫

コンセプトスケッチなどが見られるギャラリー機能が追加

今作ではこのゲームを作るにあたって制作されたコンセプトアートなどを見ることができます!

ゲームを進め、とある条件を満たすとたくさんのアートが開放されていきます。

ゲーム中に出てきたCGもここでもう一度見ることができますよ!

プレイ済みの方たちに向けて

さて、今までは深い内容に触れずにレビューしてきましたが、ここからネタバレ全開でレビューしていきます

ネタバレが嫌な方は自分でプレイしてから見ると面白いかもしれません

それでは次のページでガンガン無印との違いについて語っていきます

次のページへ >

  • この記事を書いた人

武蔵

ブログ初心者(2021年5月にブログ設立)。ゲーム好きな大学生。好きなゲームジャンルはアクション、FPS。好きなゲームはFFシリーズ、メタルギアシリーズ、NieRシリーズ、BFシリーズなど。

-ゲーム, ゲームレビュー, ドキドキ文芸部
-, ,